コンプライアンス研修講師派遣、ハラスメント研修(セクハラ、パワハラ、グレーゾーン)講師派遣、ビジネス法務研修講師派遣

ホーム > 内部監査人が知っておきたい本音を引き出すヒアリングの技術
情報
ハラスメント研修企画会議
メディア掲載情報
インプレッション・ラボ
最新セミナー情報
最新通学講座情報
書籍、DVDメディア情報
研修講師紹介
マンガに学ぶ会計&コンプライアンス
研修講師の学校
契約書がスラスラ読めるビジネスパーソンになれる!
契約書の読み方 研修 入門編
-テレワーク中も、契約書のチェックを上司や法務部員に丸投げしていませんか?契約書のチェックをAI化しても最後に判断するのは、あなた。これからも契約の知識はなくなりません。法律用語も分からずに、ひな形のコピペはもう卒業しましょう。
研修プログラム例

目的
 AIによる契約書レビューソフトが用いられるようになっても、契約に関する知識は不要にはなりません。法務知識と契約書レビューの実務経験が豊富な法務担当者にとっては、レビュー業務の事務作業を軽減させるために役立つでしょう。
 一方で、営業担当者が法律知識を持たず、「AIがいいって言ったから契約書は問題ない」と考えるのは非常に危険です。自社の利益を最大限に保護するためにはどう表現すればよいかは自分で考えなければなりません。また、相手方の会社からの変更要請の際に、相手方の意図をどのように理解し対処すればよいかAIは教えてくれません。
 万が一トラブルが発生し、相手方が契約書の条文を根拠に責任追及した際にはAIのせいにできません。ハンコも今後デジタル化、或は消えていく流れですが、ハンコの意義を正確に理解しておけば、自社における省略できる場面が判断できます。
今一度、取引を確実に行い、自己(自社)の権利を守り責任を果たすためには、民法の契約というものを理解し、「わたしが契約を作っている」という自覚をもたなければなりません。
 ビジネスパーソン必須のリテラシーでもあり、特に営業職の方に、基本的な取引に潜むリスクやイレギュラーな事態に遭遇したときの対処方法、業務を遂行する上で必要な契約書の種類、法務に相談するときのコツなど、極力平易な言葉を使いながら、知っておくべき基本的な要点をご紹介します。

コラム 営業の仕事と面倒な契約書

契約を結んでいるのはあなたです。 法務部ではありません。
営業職の仕事は、現場において「商談・取引」をまとめることです。営業職の人との会話で、時々「ウチは契約を作らずに仕事を進めている」という言葉を聞きますが、これは大きな誤り。「商談・取引」がまとまるとお互いの権利と義務が確定しますが、これは、その時点で「契約が成立した」ことを意味します。「商談・取引」の話を進めるということは「契約のための条件を交渉している」ということであり、「商談・取引」をまとめるということは「契約を結ぶ」ということなのです。

法律の内容をわきまえたうえで「現場の事情」を優先させる。
法律は理屈であり正論です。物事は理屈どおりには進まないものであり、特に営業の仕事においては、「顧客との関係(おつきあい)」、「スピードが命」、「同業他社との競争」、「利益を上げる、コストを下げる」等々の「現場の事情」が強力に作用します。 その場合、「現場の事情」を優先させるにしても、法律を知らずに何の配慮もなく「現場の事情」を優先させるよりも、法律をわきまえた上で「現場の事情」を優先させていれば、不測の事態が生じたときの対応力が違ってきます。

契約法を知らずに「商談・取引」をすることは、目隠しをしながら崖っぷちを突っ走るようなもの。
契約が結ばれると権利と義務が確定します。義務を果たさないと債務不履行責任を追及されます。つまり、契約を結ぶということは、債務不履行責任を追及されるかもしれないというリスクをあなたも背負うことです。そのようなリスクを回避しながら安全に「商談・取引」を進めるためには、契約に関する法律の内容を知っておくことが必要です。


PROGRAM

入門編 研修プログラム 7時間基本

講義、演習
1回 7時間~4時間
内容、時間カスタマイズ可
対面、オンライン可
  • 契約法の基本的知識
    ・なぜ、あなたは契約法の基本を知る必要があるのか?
    ・「企業活動」と「法的責任」の関係
    ・「取引」と「法律/契約」の関係
    ・契約に関する民法の基本原則と基礎知識を学ぼう

  • 契約法の主要な論点
    ・契約成立の要件
    ・契約成立の効果=債権と債務
    ・債務不履行/損害賠償
    ・請負契約について その他特殊論点
    ・契約上のトラブルを防ぐために

  • 契約書と印鑑について
    ・契約と契約書の関係を正しく知ろう
    ・契約書はなぜ作成するのですか?(契約書の本当の目的)
    ・契約書の種類と作成上の注意点
    ・印鑑の存在意義 -何のために印鑑を押すのか?
    ・印鑑の正式名称と種類、その使い方とその効果
    ・印鑑と契約書の関係
    ・印鑑の管理とデジタル化の流れ

  • 印紙税について
    ・印紙税についての基本的認識 -印紙は誰が払うのか?
    ・印紙税の種類を知っていますか?
    ・印紙税の納税義務者(誰が印紙税を負担すべきなのか)
    ・印紙税一般に関する注意点を押さえよう
    ・2号文書(請負契約に関する契約書)に関する注意点はココ!

研修、セミナーのお問合わせは、お電話又はフォームより
お知らせください。 電話番号 03-6228-6039
お問合わせフォーム

Copyright© Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.